失敗したくないならフィリピン不動産投資がおすすめ

損するまえに知っておこう

家賃相場を知る方法はさまざまで、賃貸物件サイト、ペーパー誌、家賃相場サイトなどがあります。ひとつのサイトだけを信じるのではなく複数のサイトをみておきましょう。時期により、家賃は変動していきます。引っ越しまでに余裕があるのなら、こまめにチェックするのがおすすめです。

Read More

住宅

賢い不動産投資の方法

マンション経営は、まったく家賃収入が得られないという確率が低い、優良な不動産投資です。資産家でなくても十分に可能であり、資金が少なくても安い中古マンションをローンで購入すれば良いのです。古い設備等は修繕すれば良いのであり、また好立地なことも大いにあるので中古マンションも見捨てたものではないのです。

Read More

インテリア

マンションを使う理由

マンション投資には、売却で利益を得る方法と家賃収入で得られる方法の2つがあります。しかし、それぞれによって利益を得る方法やメリットなどに違いがあるです。また、マンション投資を成功させるには、相場の変化を見極めや、ターゲットの絞り込みなどが重要なポイントとなります。

Read More

海外不動産の選択肢

日本の不動産投資はすでに飽和状態にあるため投資としてみた場合には初期費用が大きく得られるリターンも少ないといったデメリットがあります。そのため海外不動産への注目が集まっています。特に発展途上にある国の不動産であれば通貨の価値の違いで取得費用を抑えて不動産を手に入れることができますし、また一部の国では都市作りのために積極的に外資の呼び込みをしており、投資先としては安定しています。海外不動産投資の候補地としては東南アジアではマレーシアが特に有名ですが、フィリピン不動産も魅力的な投資候補地といえます。特にフィリピンであればマレーシアよりも日本に近いといったメリットがあり、時差を最小限にすることができます。

フィリピン不動産のメリットとしては、第一に最低購入価格の縛りがないことです。一般的に海外不動産投資では最低購入価格を定めており、低い価格の不動産は外国人が購入できないようになっていますが、フィリピン不動産は、この縛りがないので1000万円程度の価格帯で物件を購入することができます。また東京と比べると4分の1の価格であり、1000万円程度の物件であれば日本で4000万円程度のレベルの物件を購入することができます。つまり、フィリピン不動産では1000万円程度で高級マンションを購入することができるということです。またフィリピンの通貨であるペソも安定しているので海外不動産に付き物の為替リスクを最小限にすることができます。
フィリピンはアジアの中で利回りの高さが非常に良いと言われており、現状12%前後あると言われています。またフィリピンの首都であるマニラで不動産投資を行った場合は、部屋が空室になる心配もあまりありません。現状まだ家を借りたいと思っている人の数が多く、空室率も約10%程だと言われており、これは非常に優れている数字であると言えます。マンション等の建物への投資を行ったあとに空室が多く結果的に失敗に終わってしまうケースも多く見られますが、空室率10%程ですと、100室ある場合に90室はうまると考えられるため、そこから得られる利益等も計算しやすく、計画も立てやすくなりますし、投資としても成功だと言えます。空室率が低いことにより部屋を維持するために使うコストも少なくて済みますし、誰も住んでいないことによって痛む心配をする必要が少ないと言えます。その面から、コストパフォーマンスも良い考えられます。

関連サイトを見る

  • 失敗しないための海外不動産投資マニュアル

    海外の不動産の魅力を知ろう。フィリピン不動産で投資を成功させる方法がこちらに載っています。ご確認ください。